「田子ガーリックステーキごはん」に続く青森県5番目の新・OMOTENASHIご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」

東通天然ヒラメ刺身重(東通ヒラメ重)

青森県東通村の新・ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」

全店 1,600 円(税込)

食べられるお店

ログレストラン 南川 レストラン むら 松楽

東通ヒラメ重の食べ方

青森県東通村の新・ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」

「東通天然ヒラメ刺身重」は3回に分けて配膳します。

1. 食前スープ、歓迎の一皿

食前スープ 地場産岩海苔・布海苔入り「下北半島・磯の香り汁」

食前スープ

地場産岩海苔・布海苔入り「下北半島・磯の香り汁」

※熱々のうちにお飲み下さい。

黒毛和牛「東通牛」と地場産十割そばのサラダパフェ

歓迎の一皿

黒毛和牛「東通牛」と地場産十割そばのサラダパフェ

※十割そば→東通牛→野菜サラダの順番でお召し上がり下さい。
※十割そばはそばつゆジュレでお召し上がり下さい。
※東通牛はじゃがいもムースに混ぜてお召し上がり下さい。
※野菜サラダはグラス底の自家製ニンジンドレッシングとしっかりと混ぜてお召し上がり下さい。

2. お刺身、鍋物、重もの

お刺身 天然ヒラメの刺身5点盛り

お刺身

天然ヒラメの刺身5点盛り

天然ヒラメの活〆
~土佐醤油で~
天然ヒラメのスペシャル神経〆
~ヒラメの刺身専用醤油で~
天然ヒラメの昆布〆
~自家製ポン酢ジュレで~
天然ヒラメの野菜巻き
~わさびマヨネーズで~
天然ヒラメのエンガワ
~津軽海峡昆布塩で~

※おすすめの食べる順番に記載しています。

鍋物 天然ヒラメとタコの熱々!アクアパッツア

鍋物

天然ヒラメのファイヤーグルメ
天然ヒラメとタコの熱々!アクアパッツア

※点火棒で着火して下さい。
※点火して約5~6分で温まります。
※具材とスープはヒラメ皿&スプーンを使ってお召し上がり下さい。
※食べ終わったら火消し蓋で消火して下さい。

重もの 天然ヒラメの特製三段重

重もの

天然ヒラメの特製三段重

一の重
「天然ヒラメの山かけ漬け重」
二の重
「天然ヒラメの天むす重」
三の重
「天然ヒラメのなめろう重」

※一の重から順番にお召し上がり下さい。

3. 食後のデザート

食後のデザート 地場産ブルーベリーのアイスクリーム

食後のデザート

地場産ブルーベリーのアイスクリーム

※冷え冷えのうちにお召し上がり下さい。

「東通天然ヒラメ刺身重」定義・ルール

定義

東通村が誇る地場産食材オールスターズ(野球の打順で言えば…1番十割そば・2番岩海苔・3番タコ・4番天然ヒラメ・5番東通牛・6番長いも・7番ブルーベリー・8番布海苔・9番お米「ほっかりん」・代打マツモ等)を駆使してメニュー化した、地産地消おもてなしコース料理。
メインは、「天然ヒラメの刺身5点盛り」「天然ヒラメの特製三段重」「天然ヒラメのファイヤーグルメ」の天然ヒラメ三部作である。

ルール

  1. 正式名称は「東通天然ヒラメ刺身重」とする
  2. 愛称・略称は「東通ヒラメ重」「ヒラメ重」とする
  3. 東通村が誇る地場産食材オールスターズ(天然ヒラメ・タコ・東通牛・十割そば・ブルーベリー・岩海苔・布海苔・長いも・ほっかりん・マツモ等)を使用する
  4. コース料理は3回に分けて提供する
    【1回目】食前スープ・歓迎の一皿、【2回目】お刺身・鍋物・重もの、【3回目】食後のデザート
  5. 食前スープは地場産岩海苔・布海苔入りとする
  6. 歓迎の一皿は黒毛和牛「東通牛」と地場産十割そばを使用する
  7. お刺身は<天然ヒラメの刺身5点盛り>とする
    刺身5点は天然ヒラメの活〆・天然ヒラメのスペシャル神経〆・天然ヒラメの昆布〆・天然ヒラメの野菜巻き・天然ヒラメのエンガワである
  8. 鍋物は<天然ヒラメのファイヤーグルメ>とする
  9. 重ものは<天然ヒラメの特製三段重>とする
  10. 食後のデザートは<地場産ブルーベリーのアイスクリーム>とする
  11. 協議会指定のお膳・器等を使用し、協議会指定のレイアウトにする
  12. 協議会指定の箸袋を使用する
  13. 料金は2000円(税込)以下とする

東通天然ヒラメが
おいしい理由

青森県はヒラメの放流尾数・漁獲量ともに日本一で、ヒラメを県の魚として認定しています。
北国の冷たい海で育ち、身の締まりが抜群の青森のヒラメは、
東京の築地市場でも「最も品質がよい」との評価を受けています。
東通村は、青森県内で2番目の漁獲量を誇ります。

Point 1豊かな漁場

豊かな漁場

村自体が津軽海峡と太平洋という2つの海に面し、津軽暖流と寒流である親潮がぶつかり合っているため、村に面した沖合では魚の餌となるプランクトンがたくさん発生し、それを求める多くの魚が集まって豊かな漁場をつくっています。また、沿岸の海底には猿ヶ森砂丘や北部海岸から続く砂地が広がり、広大なヒラメの棲み処を提供しています。
そのため東通村のヒラメは、豊かな海が育む豊富な恵みを受け取って、良質な身に旨味がのっているのが特長です。

Point 2抜群の鮮度

抜群の鮮度

東通村のヒラメは、主に定置網という漁法によって漁獲されます。
生きたまま水揚げされることから、その鮮度と品質の良さは青森県内でも折り紙つきで、通年に渡り新鮮な天然ヒラメを食べることができる、日本国内でも珍しい場所です。
そして、出荷時に行われる活〆や神経〆といった処理技術が鮮度と品質を保ち、天然ヒラメの味わいをそのままお届けしています。

本州最北東端の食の宝庫
東通村

東通村は本州の最北東端に位置し、北は津軽海峡、東は太平洋に面した南北に細長い村です。
約65kmに及ぶ海岸線は、ミズダコ・ヒラメ・アワビ・ウニ・ホタテなどの魚介類、
昆布やフノリなどの海藻類といった豊富な海の恵みをもたらしています。
約295㎢もの広大な大地は、そば・ブルーベリー・東通牛といった地域性を活かした
農畜産業に活用され、豊富な山の恵みを生みだしています。
まさに本州最果ての食の宝庫、東通村には、人々が育んできた歴史も息づきます。
能舞に代表される民俗芸能の数々、人々と共に過酷な自然環境を生きてきた寒立馬は、 私たち、観る者の心を揺さぶります。
そして、全国21基の「恋する灯台」にも選ばれた尻屋埼灯台。
東北地方最古の洋式灯台は、レンガ造りとしては日本一の高さ33mから、
53万カンデラという明るさで、豊かな海と私たちを見守っています。

尻屋崎の寒立馬 伝統芸能 能舞 ブルーベリー

食べられるお店

“空前絶後の本州最果ての陸の孤島”東通村ですので、遠方よりお越しの際は、事前にご予約ください。
各店舗、提供数に限りがあります。よって、売り切れの場合もございます。「事前予約」が確実です。

ログレストラン 南川

ログレストラン 南川

0175-34-9106

住所 〒039-4223
青森県下北郡東通村大字小田野沢字見知川山1-155
営業時間 11:30~14:00(Lo13:30)
(夜は予約のみ)
休日 月曜日
席数 19席
交通 東通村役場から車で15分
駐車場台数 7台

レストラン むら

レストラン むら

0175-27-2111※営業時間内の11:00~14:00まで

住所 〒039-4292
青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内5-34
東通村役場内
営業時間 11:00~14:00(Lo13:30)
休日 毎週火曜日・金曜日
(8名以上の団体予約のみ受付可)
席数 25席
交通 東通村役場内
駐車場台数 30台
備考 電話受付は営業時間内の11:00~14:00まで。
東通村役場の代表番号ですので「レストランむらへのお問合せです」とお伝えください。

松楽

松楽

0175-46-2905

住所 〒039-4224
青森県下北郡東通村大字白糠字垣間19
営業時間 10:00~21:00
(月曜のみ10:00~14:00)
休日 不定休
席数 30席
交通 東通村役場から車で25分
駐車場台数 15台

お問い合せ

東通ヒラメ料理推進協議会
(東通村役場 経営企画課内)

〒039-4292 青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内5番地34
TEL:0175-27-2111(代表)
FAX:0175-27-2130

東通天然ヒラメ刺身重 公式Facebook 東通村ホームページ 深浦マグロステーキ丼 平内ホタテ御膳 中泊メバルの刺身と煮付け膳 田子ガーリックステーキごはん